ウェディングドレスは購入とレンタルのどちらが多いか

結婚式で着用するウェディングドレスなどの衣装を用意する手段はいくつかあります。具体的には、新品もしくは中古の購入、自作、レンタルといった選択肢があります。これらの選択肢の中で最も多く選ばれているのは、レンタルサービスです。ウェディングドレスをレンタルしている人の割合は、実に新婦全体の8割程度と言われています。

通常のドレスであれば、他人の結婚式に呼ばれた時やパーティーなど、着る機会は数回あるでしょう。しかし、ウェディングドレスは挙式する時以外は基本的に着る機会がありません。そのため、レンタルサービスが選ばれているのです。また、シーンによって何着かドレスを変えたい、という場合にもレンタルサービスは適しています。

レンタルであれば、リーズナブルに有名ブランドのウエディングドレスを着られるというメリットもあります。人気のあるデザイナーのドレスを購入するとなると、高額となる場合が多いものです。しかし、レンタルであれば最新のデザインのものもお手頃な価格で着られます。また、種類やサイズ、カラー展開も豊富であるため、より魅力的なドレスを選びたいのであればウェディングドレスのレンタルサービスの利用を検討してみてください。